Vagrant+Jettyでホストから接続

VagrantでChefを使ってJettyをインストールしてみました。

さて、ホスト側から接続確認してみたいですね。

vagrantfile

VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "xxx"
  config.vm.box_url = "https://xxx.box"
  config.omnibus.chef_version = "11.12.4"
  config.vm.provision "chef_solo", run_list: ["jetty"]
end

この設定ではホスト側から接続しようとしても接続できません。

デフォルトのvagrantfileの以下の設定のコメントを外して追加しましょう。

  # Create a private network, which allows host-only access to the machine
  # using a specific IP.
  # config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

再起動して

$vagrant reload

ホスト側で開いてみる。
http://192.168.33.10:8080/

Jettyのトップ画面が開きました!!

jetty-top

主に開発側なのであまりインフラのことがわからずこういったネットワーク設定は結構はまりますね〜。

Vagrant+Chefでdata_bagsを使ってユーザーを作成してみる

ChefのRecipe(レシピ)にuserリソースを使って記述していくのもいいですがスマートに書けないかと思いdata_bagsを使ってみました。

環境

$vagrant -v
Vagrant 1.6.1
vagrant root
.vagrant
cookbooks
user_book
files
recipes
└data_bags
user.json

こんな感じでdata_bagsフォルダを作ってユーザー作成用のjsonデータを作った

{
  "id" : "username",
  "username" : "username",
  "home" : "/home/username",
  "shell" : "/bin/bash"
}

vagrantfile

VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box = "boxname"
  config.vm.box_url = "http://xxxxx/xxx.box"
  config.omnibus.chef_version = :latest
  config.vm.provision "chef_solo", run_list: ["user_book"]
end

ここには勘違いがありました。

“Vagrant+Chefでdata_bagsを使ってユーザーを作成してみる” の続きを読む

rsyncでOperation not permitted (1)

rsyncでエラーが発生した。

rsync: failed to set times on “/xxxx/xxxxx/xxxx”: Operation not permitted (1)

どうやら同期元と同期先の権限が関係していそう。

-t

を外したらエラーがでなくなった。

タイムスタンプをそのままにして同期するオプション。

そのままでなくてもよいので外した。

Jenkinsのプラグイン「Build Blocker Plugin」を使ってみた

Jenkinsでジョブ(プロジェクト)を同時に実行されなくないことってありませんか?

例えば、

ジョブA
ジョブB

があるとすると、これらを同時に実行されると何か問題がおきる。

そんなことがありますよね。

排他的に実行してほしい、けれど気をつけてもやってしまうことはあります。

そこで「Build Blocker Plugin」というプラグインを使ってみました。

インストールすると設定に「Blocking jobs」という項目が追加されます。

正規表現でジョブ名を指定するとそれに一致するジョブが動いている場合は

先に動いているジョブを待ち、終わってから順次ジョブが実行されていきます。

便利ですな〜

クラウドふせんをリニューアルしました!

クラウドふせんを開発してから1年近く経ちました!

Webに付箋を貼ることができます。

クラウドに保存する為IDを共有すれば他のPCでも同じ付箋情報を参照できます。

・会社や学校で入力した付箋を家で見直す。
・家で入力した付箋を会社や学校で見直す。

ということが可能です。

また、複数人でIDを共有してブレインストーミング‎的にアイデア出しをするのに便利です。

“クラウドふせんをリニューアルしました!” の続きを読む

Oracle imp/expのコマンドを生成するツールを作りました

最近仕事でoracleのDBからデータを抽出する機会が何回かあったので

ツールを作ってみました。

Oracleでデータ抽出するといえばexpコマンドとimpコマンドですよね。

まぁ、オプションなんかもつけてコマンド作ればいいのですが

なんせたまにしかやらないので毎回調べながら作っています。

データも全部一括でインスタンスでとかスキーマ単位なら楽なのですが

テーブル単位で、しかもデータを絞ってとかなってくると

ちょっとめんどくさくなります。

QUERYオプションのwhere句は記号には\をつけなくはいけないので

初めてやる場合はちょっと時間を使うでしょう。

そんな時使ってもらうと便利かと思います。

“Oracle imp/expのコマンドを生成するツールを作りました” の続きを読む

chef-soloでnginxをインストールして立ち上げました

前回からの続きでchef-soloを使ってnginxをインストールして立ち上げてみました。

そして、こちらも前回同様この本の通り進めました。

rubyをあまり知らないため記述の仕方なんかでエラーになったりしました。

本に書いてある通り記述すればいいのですが、自然といつも使っている

言語のようにフォーマットしてしまうものですね^^;

“chef-soloでnginxをインストールして立ち上げました” の続きを読む

Hello Chef !! はじめてのChef

Chefを勉強してみました!

サーバー構築する際に打ったコマンドを残してまた構築できるように

手順を残したりしますが、熱中して作っているとメモするの忘れたり、

構築した後に設定を変更した際にメモし忘れたり・・

実際のとこ今どんな仕様で動いてんのよ!このサーバー!?

“Hello Chef !! はじめてのChef” の続きを読む